世界のガラス工芸作家・工房:ジョシュ・シンプソン

「広い宇宙には、きっと生命体を宿す惑星が存在する無限の可能性がある」
というイマジネーションをもとに作られている「住める惑星シリーズ」。

月から帰還する飛行士が窓から外の景色を眺めながら”自分の親指ひとつで地球が隠れてしまう”と言っていたことが、シンプソンの記憶に焼きつき、ガラス製のプラネットの形に結晶しました。

プラネットウエイトは、まずミルフィオリケーンの制作・加工からはじまり、数週間をかけてパーツが準備される間に海、大陸、地形などの色、形、サイズなどを心の中でデザインして制作されるのです。

未知なる小惑星との出会いをお楽しみください。1993年から1995年まで、G・A・S(グラスアートソサイエティ)理事を務めたシンプソンの作品はホワイトハウス・コレクション、コーニング博物館の永久コレクションをはじめ、世界各地の美術館に展示されています。

PERMANENT COLLECTIONS
Museum of Fine Arts; Boston, MA
Chrysler Museum of Art; Norfolk, VA
Museum of Decorative Arts; Prague, Czech Republic
Renwick Gallery, Smithsonian Institution; Washington, DC
The Alcorcon City Museum of Glass Art; Alcorcon, Spain
The Museum of Arts and Sciences; Macon, GA
Hood Museum, Dartmouth College; Hanover, NH
Corning Museum of Glass; Corning, NY
Yale University Art Gallery; New Haven, CT
Emerson Gallery, Hamilton College; Clinton, NY
Bergstrom-Mahler Museum; Neenah, WI
Danforth Museum; Framingham, MA
Fuller Art Museum; Brockton, MA
Museum Bellerive; Zurich, Switzerland
Nelson Museum of Art; Tempe, AZ
Royal Ontario Museum; Toronto, Canada
George Walter Vincent Smith Art Museum; Springfield,MA
The Sphere Museum; Tokyo, Japan
コラム一覧にもどる