開発支援実績

過去の開発支援実績(一部)

1963年 電気浸透によるパワーショベル/粘土の剥離法
1964年~1973年 プラスチック光ファイバの国産化支援、他成分ガラス光ファイバ原料の調達、ケーブルバインダーの国産化提案、事業化支援
1969年~1972年
  • 超薄肉ポリマーフィルムをエレクトレット化する技術導入斡旋
    • コンデンサマイク、ヘッドフォンに採用される
    • 酸素ガスセンサー等への応用展開
    • パワーコンデンサ用(PPフィルム)の事業展開斡旋/新会社設立寄与
  • 多孔製プラスチックの技術提携斡旋、事業化支援
    • 使い捨てライター芯(PE,超高分子PE,の焼結)
    • メンブレンフィルター、ガス透過膜、胃カメラ用カンシチューブ
1973年 紫外線硬化接着剤を紹介
1974年
  • サファイア、ルビー、超硬球、特殊レンズ球、研磨事業の先駆者
  • マイクロスフィアの応用展開
    • 標準粒子、液晶スペーサー、臨床検査ビーズ、流体検出用
  • 超精密メカニカルシール(Bal seal)の応用展開
    • 液クロ用、吐出ノズル用、デスペンサ用
1975年 液晶用バックライトの発明、事業化(実願:昭55−162201)
1978年
  • フランスFORT社と日仏合弁会社設立(光ファイバ)
  • 測量機器用光ファイバセンサ開発事業化
1980年
  • 太陽集光用光ファイバ事業化
  • 3個の精密球の隙間中心を利用した光コネクタ(STRATOS/SWEDEN)の技術導入
    • 後にNTT開発FC光コネクターを英国British Telecomに採用される事業化支援
1980年
  • 米国DUKE社と取引開始
    • 同社の分析用標準真球ビーズを輸入販売。国内におけるマイクロスフィアの先駆者となる。
1980年
  • 米国Cargille社と取引開始
    • 標準屈折液、レーザーリキッドは世界中で唯一、同社が生産。この製品を当社が販売。
1984年 同時4本紡糸(世界初)多成分光ファイバを開発事業化
1985年 オーストリア/カールフランツエン大学より光ファイバ酸素センサ(蛍光ポリマー端末)技術導入
1986年
  • スイスCSEM研究所より光ファイバ位置決め装置の技術導入
    • 後に光ファイバ自動調芯装置の事業化。
1987年
  • CCD顕微鏡の開発事業化(科学技術長官賞受賞)
    • 肌スコープ、などに使われている。
1989年
  • 半導体製造用マシンマイクロレンズ/照明付開発事業化(発明大賞)
    • マシンヴィジョンの草分け
    • 後にCCD,CMOSとの組み合わせで大きな産業となる。
2006年 多波長紫外線LED照明機器の開発
2007年 光触媒担持チタンメッシュの開発事業化(発明大賞)
2013年 液体ファイバの開発
2017年 光学用単結晶製造技術、及び製造プラントを中国に輸出
 

長年にわたり培ってきた経験から、あらゆる開発の立案から事業化に至るまでを成功報酬型契約でサポートいたします。

 当社による開発支援・コンサルタントへのご相談・お申込みはこちら